MacBookProとレノボのEシリーズ

先日、購入したUSB-C to USBアダプタが1,970円。

3年前に購入したUSBテンキーが今買うと694円。

USBテンキーを繋げるのに3倍近いアダプタが必要。



現在のメインPC兼計測PCのMacBookPro、

データ管理と集計PCのレノボThinkPadE585、

はすごく満足度が高い。


先日、発売されたMacBookPro16inchは自分にとって、

大きく、重たく、価格が高く、オーバースペック。

MacBookAir2019は現在持っているMacBookPro2017より

低スペックで、購入する気にならない。

たから、今持っているMacBookProで当分大丈夫。


レノボThinkPadE585の満足度は非常に高い。

去年導入して、今年メモリを16GBに増設したら、

何の不満もない。


確かにレノボのEシリーズはビジネススタンダードの商品群で

価格は安いが、ちょっと重く、あまりスタイリッシュではない。

でも、拡張性とコストパフォーマンスで勝負しているところがとてもいい。


いわば、MacBookProの対極。


レノボのEシリーズならUSB-A端子が3つついているので、

USBテンキーが無料でささります。



現状、すごく満足しているので、買い替え、買い増しはしないですが、

次に買うとしても、美しいMacBookProか

質実剛健なレノボのEシリーズにすると思います。


MacBookProに必須なUSB-C to USBアダプタは”税金”だと

考えよう。



IMG20191203071641.jpg
今日はどんより天気かな
雨は降っていません






tenkey.jpg
ちょうど3年前に購入したUSBテンキー
USB-C to USBアダプタの3分の1の価格








ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント